赤外線外壁調査なら
大阪建物病院へ

3分でわかる大阪建物病院

OTH in 3 minutes

建物の健康診断を通して社会に貢献する

安全性を維持するために建築物の適正な安全性の維持管理がとても重要な時代になってきました。

一番の強み

01. OTH in 3 minutes

赤外線カメラを活用する建物診断業務とし様々な建築物を調査してきました。その豊富な実績と周到に裏付けされた専門知識により、技術力を高めてきました。建物診断のことなら、建築物の安心・安全を提供する大阪建物病院にお任せください。

大阪建物病院の技術力

赤外線外壁調査業務 (外壁タイルの劣化・漏水調査)

02. OTH in 3 minutes

高精度赤外線外壁調査は、外壁の健全部分と剥離部分の温度差を活用して、剥離部分を見つけ出す診断方法です。外壁を高精度赤外線カメラにより撮影後、解析温度幅を序々に変えることで、剥離部分を見つけ出します。

高精度赤外線外壁調査

漏水調査

くわしく見る

定期報告業務 (建築基準法第12条に基づく)

03. OTH in 3 minutes

建築基準第12条に基づく高精度赤外線外壁検査を行っています。

建築物の定期調査

建築物全体の調査を行います(3年に1回)

建築設備の定期検査

建築物に設置されている機械換気設備、非常用照明装置等について詳細調査を行います(毎年)

防火設備の定期検査

建築物に設置されている防火設備について詳細調査を行います(毎年)

くわしく見る

豊富な実績

04. OTH in 3 minutes

1. エリア
大阪府: 大阪市、東大阪市、堺市、寝屋川市、八尾市、高槻市、吹田市、守口市、貝塚市、池田市、箕面市、羽曳野市、柏原市、松原市、大阪狭山市、豊中市、茨木市、三島郡、泉佐野市
兵庫県: 西宮市、尼崎市、川西市、伊丹市、宝塚市、加古川市
京都府: 京都市、向日市、綾部市、亀岡市、舞鶴市、長岡京市
奈良県: 橿原市
滋賀県: 瀬田市、彦根市
広島県: 福山市
福井県: 福井市
東京都:
埼玉県: さいたま市
2. 案件
官庁: 市役所、消防署、図書館、病院、学校、上下水道局、浄水場施設、市営住宅
民間: 事務所、ホテル、病院、老健施設、複合商業施設、工場、競技施設、共同住宅、社宅、大学、高校、中学校、幼稚園、保育園

建物外壁調査 実績件数:395棟
漏水調査 実績件数:200棟
(2020年3月末現在)

大阪建物病院が選ばれる理由

05. OTH in 3 minutes

大阪建物病院は、サッシ、エクステリア、設備機器等の建築資材全般を取り扱う「メット株式会社」、新築・リフォームなどの建築業や不動産業を行う「株式会社ハウス・ナビ」をグループ会社に持ちます。
メット株式会社は、個人のお客様から法人のお客様まで、幅広いクライアントのニーズに応えて、あらゆるジャンルの住関連製品をお届けできるのが強みです。
アルミサッシ、鋼製建具、エクステリア等の外装商品から設備機器、内装建材まで、高品位な暮らしをトータルコーディネートいたします。
株式会社ハウス・ナビは、生活の基礎である「衣・食・住」の「住」を全方位でサポートできるプロ集団。細やかなフットワークでお客様のニーズに全力でお応えいたします。耐久性、機能性、デザイン性、安全性、耐震性を兼ね備える建物の建築・売買は、”建物のスペシャリスト”が集まるハウス・ナビにお任せください。

大阪建物病院は、こつこつと業績を積み上げてきました。失敗もありましたが、その経験を次に活かして技術力を高めてきた愚直な会社です。メット(株)を親会社として、グループ会社のメット㈱と㈱ハウス・ナビとの3社が協力して環境変化に伴う「住まいのアップデート」を通じて安心・安全・快適を提供し続けます。

技術力

06. OTH in 3 minutes

赤外線でなぜタイルの剥離がわかるのか

外壁タイル等の仕上げ材が太陽の放射熱等によって温められると、健全部分では、仕上げ材表面からの熱がスムーズに コンクリート等の躯体に伝達されます。 しかし、浮き・剥離部分では、仕上げ材とコンクリート等の躯体の間に熱の不良導体(熱伝導率が低い)である空気層が 介在しているため、熱が逃げにくく、健全部分に比べて仕上げ材表面温度が高くなります。 赤外線装置法は、この現象を利用して、撮影対象物の表面温度を赤外線カメラで測定し、浮き・剥離部分を検出する 非破壊検査手法です。

赤外線画像と可視画像

赤外線カメラの性能

赤外線カメラのスペックが重要で以下の基準以上のカメラを使用しています。
・温度分解能が0.1℃以下(30℃にて)
・画素数は320×240画素以上が望ましい

温度分解能

温度分解能とは、赤外線カメラが判別できる最小の読み取り可能な温度差です。
建築物の外壁仕上げ調査における健常部と浮き、剥離部の温度差は、0.2〜0.5℃(北面=日陰部)となることが多いため、微小な温度差の検出が可能です。例えば、下部の様な場合に、温度分解能が0.1℃の赤外線カメラで撮影すると、温度差の検出ができず支障部分が判定できません。温度分解能が小さければ、それだけ精度がよくなり検出できる範囲も広がります。

撮影技術のノウハウ

解像度による検出素子・視野

赤外線外壁調査は外壁面が直射日光で温められた状態での撮影が重要です。天気の良い日、風の弱い、外壁面に水分が残っていない日時を選んで行います。

使用する赤外線カメラの解像度により、検出素子1つのサイズ・視野は、異なります。
対象壁面での、検出素子1つのサイズを同じにするためには、解像度の低いカメラでは、より対象壁面に近づく必要があり、視野は狭くなります。
また、同じ場所から撮影した場合、レンズの視野角が同じであれば、対象壁面での視野は同じになりますが、解像度の低いカメラでは、検出素子が1つのサイズは大きくなります。

撮影データの分析・解析の技術力

赤外線サーモグラフィーにより測定した記録画像=熱画像は、各画素ごとに温度データを保持しています。この画素ごとの 温度データに120色もの色情報を配色することで赤外線画像は構成されています。 従来の解析手法は、画像上の表面温度を目視によって認識し、色の違いによって解析をしていました。 そのため、微妙な判定、特に色境部分の判定や冬場の北面のような温度差の少ない箇所での使用が困難で、その結果も曖昧 です。
「 THERMO DELTA®」は、色彩による認識ではなく、温度データそのものの相対温度(温度差)を自動的に解析し、指 定した特定温度差以上の部分を画素ごとに自動抽出します。 従来の目視による認識に比べ、データによる識別を行うことで、正確で経験・能力等に左右されない均一で高精度な解析結 果を、迅速に抽出することができます。

調査結果

調査結果をより具体的に立面図にプロットし不健全部分のタイル面積表を作成し報告書にまとめます。

無料お見積もり/お問い合わせ

Contact

お問い合わせ種類必須
お名前必須
フリガナ必須
メールアドレス必須
電話番号必須
お問い合わせ内容必須